読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンセサイザー初心者の模索記録

シンセサイザーと奮闘中にわかったことなどをシェアします

KORG volca keys に関するあれこれ

f:id:middleaged_web:20170422231743p:plain

volca keys の情報

買った理由

アナログシンセサイザーに興味をもち、手軽に手が出せそうな値段だったから。 初めて手にしたアナログシンセサイザーとなった。

使ってみた感じ(良いところ)

  • つまみをいじると音が変わるのは楽しい
  • シーケンサーがつまみにも対応していたりるのは面白い(volca beats はこの対応が少ないのが残念)

使ってみた感じ(微妙なところ)

キーボードが小さいうえにフラットなので弾くものではない感じ。 意外と敏感なのでとなりのキーに触れてしまうとその音が出てしまう。 配列はピアノと同じだけどデザインが違うので認識しにくい。(当方ピアノ経験あり)

音色が沢山あるわけではない。 これは当たり前の話なのだけど、素人にはこれがわかりませんでした。 つまみをいじれば音は変わるけど、ニュートラルの電子音からの延長のもの。 ディレイをかけたりこもった音にすれば、ふわ〜っとアンビエントで流れそうな音にもなるが、なんだか違う。

シーケンサーへの打ち込みがリアルタイムしかないのが残念。 volca bass のように順番に引けば打ち込まれるモードが欲しかった…

MIDIキーボードは必須か?

上物として使おうと思っていたので、ちゃんと弾ける状況がほしい、しかしこの鍵盤ではどうにもならずにMIDIキーボードをつないで使うことにした。 そうすると音をだしやすくなったので、愛着がわいてきた。

しかしいっぱい弾いてるとノイズがのったり、出してない音が聞こえたりする気がして、どうも扱いにくい。 正確にはかったわけではないが、チューニングがずれやすい気がする。 アナログシンセでこれは普通のことのよう? 放置することで自動チューニングする機能もついてるけど、なんだか気持ち悪い。

今後の方針

上物として使おうとしていたのですが物足りず、volca beats の物足りなさとあわせて novation circuit の導入を決めました。 スペースも電源口も限られているので、 volca keys はお休みしてもらうことにしました。

名残おしてく最後に単体で少し触ってたら、サブとしては使ってもいいのかな…とよぎったけど、やはりスペースの問題でお休みです^^