シンセサイザー初心者の模索記録

シンセサイザーと奮闘中にわかったことなどをシェアします

KORG Gadget に関するあれこれ

f:id:middleaged_web:20170504225457p:plain

KORG Gadget の情報

どんなものか?

シーケンサーと音源がついています。最新バージョンは録音もできるようになりました。 音源は複数のシンセガジェットが搭載されている感じで、それぞれに名前が付いています。

シンセガジェットの詳細はここから見るとよいです。
↑このページを見ると本物のようなビジュアルが出てきますが、すべてイメージです。KORGからこれらのハードシンセは販売されていません。
これらのシンセ音源は、ダンスミュージック向けのものが多いと解説されています。実際そうだと思いますが、iOS版では追加課金することで、生演奏系の音源も利用できるようになります。Mac版では生演奏系の音源もデフォルトで使えます。

買った理由

iPadのシンセアプリやDAWアプリを色々さわったり、アナログシンセ欲しいなぁ〜と思ったりしている時に、KORGからリリースされることを知り、なんかこれが自分にはあってる気がするぞと直感的に思いました。 そして勇気を出して買いました。

買ってどうだったのか

シーケンサー

とてもわかりやすかった。 とても古い機材のシーケンサーを触っていたこともあり、少々の知識はありましたが、指でタッチしながら打ち込みがしにくいものが多く、これだというのが見つかってませんでした。 しかしKORG Gadgetはタッチしながらの打ち込みが今までのものよりも遥かにやりやすく、機能もやや絞られているようなので、とてもシンプルでした。 これはいい!と思いました。

音源

シンセの音源について知識はあまりなかったのですが、格好良い音がでるなと思いました。 ツマミをいじるインターフェースがあることも、ある意味わかりやすさに貢献してくれてると思います。 ドラムについてはややものたりない部分もあるのですが、あと欲しかった音がそもそもどういうものだったのかを知ったので、あまり問題ではなくなりました。

Mac版について

Mac版がリリースされてからはこちらでの作業が中心になっています。 画面が大きくてマルチに表示されることは快適でした。 入力も手よりやりやすい、ツマミUIもマウスの方が操作しやすいです。

曲作りが後半になってくると、何度も全体を聴く作業をします。 この時にMacのスピーカーやiPhoneからのヘッドホンで聞いていたのですが、iPadしか対応していない時は都度書き出しをしてたのですね。これが地味に手間でした。 今はMac作業がメインなのでMacのスピーカーで聴きながら作業できるし、アプリがiPhoneにも対応したことでiCloud経由で同期してすぐに聴けます。この点はとてもよいと思います。

改善してほしいこと

外部から取り込んだ音ファイルはiCloud同期されないようです。 iPadで外部ファイル取り込んだ曲を作っていたのですが、このファイルがMac側に入ってこないので、再生してみるとその部分が欠如してる状態で再生されました。 これの対処法は現在わかっていません。(そもそも探してもいないですが…)

つづく

KORG volca keys に関するあれこれ

f:id:middleaged_web:20170422231743p:plain

volca keys の情報

買った理由

アナログシンセサイザーに興味をもち、手軽に手が出せそうな値段だったから。 初めて手にしたアナログシンセサイザーとなった。

使ってみた感じ(良いところ)

  • つまみをいじると音が変わるのは楽しい
  • シーケンサーがつまみにも対応していたりるのは面白い(volca beats はこの対応が少ないのが残念)

使ってみた感じ(微妙なところ)

キーボードが小さいうえにフラットなので弾くものではない感じ。 意外と敏感なのでとなりのキーに触れてしまうとその音が出てしまう。 配列はピアノと同じだけどデザインが違うので認識しにくい。(当方ピアノ経験あり)

音色が沢山あるわけではない。 これは当たり前の話なのだけど、素人にはこれがわかりませんでした。 つまみをいじれば音は変わるけど、ニュートラルの電子音からの延長のもの。 ディレイをかけたりこもった音にすれば、ふわ〜っとアンビエントで流れそうな音にもなるが、なんだか違う。

シーケンサーへの打ち込みがリアルタイムしかないのが残念。 volca bass のように順番に引けば打ち込まれるモードが欲しかった…

MIDIキーボードは必須か?

上物として使おうと思っていたので、ちゃんと弾ける状況がほしい、しかしこの鍵盤ではどうにもならずにMIDIキーボードをつないで使うことにした。 そうすると音をだしやすくなったので、愛着がわいてきた。

しかしいっぱい弾いてるとノイズがのったり、出してない音が聞こえたりする気がして、どうも扱いにくい。 正確にはかったわけではないが、チューニングがずれやすい気がする。 アナログシンセでこれは普通のことのよう? 放置することで自動チューニングする機能もついてるけど、なんだか気持ち悪い。

今後の方針

上物として使おうとしていたのですが物足りず、volca beats の物足りなさとあわせて novation circuit の導入を決めました。 スペースも電源口も限られているので、 volca keys はお休みしてもらうことにしました。

名残おしてく最後に単体で少し触ってたら、サブとしては使ってもいいのかな…とよぎったけど、やはりスペースの問題でお休みです^^

Arturia KeyStep に関するあれこれ

f:id:middleaged_web:20170422224603p:plain

KeyStep の公式情報

買った理由

キーボードの感じ

わりと好き。microKEY Air (KORG) より遥かに良いと思っている。

電源について

USBで電源確保できるのがけっこう嬉しい。設置してる場所にUSBをさす口がなくてもモバイルバッテリをさせば稼働してくれる。

ファームウェアのアップデートについて

マニュアルをダウンロードしようとしていたら、ファームウェアのアップデートを発見。 アップデートするにはMCC (MIDI CONTROL CENTER) というものが必要らしい。

MCCを入手したら起動、KeyStepをつなぎ、ファームウェアのバージョンが表示されていれば認識ok。

アップデートの手順(Mac

  • バージョン表示をクリックすると最新があれば更新モードに入る
  • ちなみにすべて英語で
  • あらかじめ最新ファイルをダウンロードしてもよいし、更新モードでダウンロードすることも可能な様子
  • 更新のプロセスでUSBケーブルを抜いて、差すという作業が必要になる
  • すすめていくと最新ファイルへアップデートになる筈なのだが、エラーとなる…
  • 調べたところ、MacMIDI設定にKeyStepの情報があることが問題らしく、MCCを終了したのちに、これを削除(このとおりやればよい
  • 再度MCCを起動しKeyStepへUSBケーブルを差すと、そのまま更新モードとなり、慎重にすすめたところ無事にアップデート完了した

MCCについて

サポートページにあった。KeyStepのMIDIを制御するアプリケーションみたい。Windows用、Mac用が用意されていた。

f:id:middleaged_web:20170422224208p:plain ↑MCCの画面

volca Keys で鳴らしたみた感じ

ただ弾く分にはとくに問題を感じない。

激しく弾くと volca Keys 側の反応がおかしいかも。ノイズが入ったり、鳴らしてない音が聞こえたりする。

アルペジオやシーケンスで鳴らしたあと、volca Keys 側の角パラーメータがおかしくなるみたい。短い音しか出なくなって、つまみをいじってもどうにもならなく、再起動しない限りはずっとそのまま。この使い方をメインで考えているわけではないのだけど、これはどうにか解決したい。